WELCOME !!


WELCOME!!
by shingetsu-ay
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

なんだか切ない・職場の雑記

今日は公休日、だけど職場に行った。
ドライなわたしにしては珍しいこと。

最近様態が激変した方の通院に、足がないことで困って、
「だったら出ますよ」
と、軽い気持ちで申し出た。
介護タクシーを頼むには近すぎる距離。
普通のタクシーへの移乗は、行きはいいとしても帰りは娘さんひとりではちょっと厳しい様態。
なので、会社の車椅子対応の車で送迎することにした。

病院まで送って、受診終了の連絡が来るまでホームで待機していたら・・
それが、そのまま緊急入院。
そして、ご家族の家の近くの病院に転院できるまでその病院で看てくれるということで、退所が即決してしまった。

あまりにもあっけない。
2年前の開所当初から入居されていた方で、入居当時は要介護度1だった。家事や雑用など、誰よりも率先してしてくださる方だった。

たった2年、というか実際はここ3、4ヶ月で様態激変し、要介護度5。
もともとパーキンソン病をお持ちだった。それが進行した、というわけでもないようだった。というか、よくわからない。診断があやふやで、医療というのはこうもじれったいものかと思った。

今週は、隣ユニットで月曜に退所した方があった。こちらも入院。
グループホームとは元来、共同生活ができる程度の認知症の方々のためのもの。でも、お年寄りというのはどうがんばっても確実に右肩下がり。
そして、3年目というのは、そういう時期なのかもしれない。

結局今日の出勤はボランティアとなった。そういうのがありがちな福祉業界や会社というのもどうなんだろうか思うが、それよりも、自分でそんな予感がしたわけでもないのだが、虫の知らせというのかもしれない、この方が最後にホームを出るとき一緒にいられてよかったと思う。
「あとでお迎えに来るからね」
という言葉は宙に浮いてしまったけれど・・
[PR]
by shingetsu-ay | 2007-09-12 20:05 | 介護・福祉
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧