WELCOME !!


WELCOME!!
by shingetsu-ay
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:介護・福祉( 44 )

小規模多機能介護施設のお仕事

新職場で初のひとり夜勤だった。

前職場と違い、ショートステイなので人数が少ない。
今回は2人(前職場では9人だった)。
だから楽勝!って言われてたけど・・

2人であっても1人であっても、寝てくれなくちゃね・・
9人でも寝てくれれば楽だけど、1人でも寝ない人がいると、こちらも仮眠がとれないからきつい。
前職場では、あちらが眠ればこちらが起きて・・でも要領がつかめていたのでその合間を縫って、つぎはぎでも仮眠をとるようにしていた。

さて・・
今回のステイ利用者は昼夜逆転で徘徊傾向あり。
まあ、いちばんありがたくない感じですか。

大方の予想通り、彼女もわたしも一睡もしないまま、朝を迎えた。
そして彼女は朝方から寝に入った。

前職場では夜勤は朝を迎えれば一応終了モードに入れたのだけど、
ここは違う。
今日は一睡もしないまま送迎車の添乗に入り、戻ってすぐに服薬のための訪問介護に出かけ、調子がよさそうだったのでそのまま車椅子でお連れした。
時間が押してできなかったけど、メニューとしてはその後ひとり入浴介助する予定だった。
それが正午までにこなすべきタスク。

前職場は24時間365日の生活の場だったので、時間にルーズになりがちだったけど、ここは常にタイムリミットがある。
時間内にすべきことをすべて終わらせないといけない。
いつもいつも気と頭をオンにしてフル回転させていないと
業務が滞る。

その上でなにがきついって、たとえば「調子がよさそうだから来てもらう」、そのための説得。
ご本人は面倒がって起きようとしない。
そこをうまく気持ちを盛り上げて、立ち上がっていただく。
そういう「気持ち」の部分に費やすエネルギーが大きい。

仕事が終わって家までまっすぐ帰る気力が沸かず、途中でコーヒータイムとることが増えた。
前職場ではそこまで消耗することはなかった。
慣れるまでのこと・・なのだろうか。

そして、もう少しすると、これに運転が入ってくる。
10人乗りのハイエースで、極力家のドアの前まで・・ものすごく細い路地とか絶対すれ違いムリ~みたいな抜け道を入っていく。
その辺ももの凄く消耗しそう。

けど、ともかく、現場の日常業務を覚え、こなせるようにならないとなにも始まらない。


今週は木曜と金曜で研修に出かける。
ちょっと気持ちが楽な感じ。
[PR]
by shingetsu-ay | 2009-05-06 00:02 | 介護・福祉

勤務が終わりました

f0127441_1313329.jpg

抱えきれないほどのお花や贈り物をいただき、4年間勤めた職場での勤務が昨日終了した。
昼食時にご家族含めての送別会・歓迎会を開いていただいた。

ほんとうにたくさんのご家族の方々がいらしてくださって。
感謝し、感謝され、素敵なことだと思いました。

まだ実感も感慨も全然沸いてこないけど、明日からは新しい職場で、
新人として一から学ぼうと思う。
[PR]
by shingetsu-ay | 2009-04-19 13:04 | 介護・福祉

温かい手

年末くらいから急激に状態が悪くなったホームのおばあさま。
椅子からの立ち上がりも自力では難しくなり、介助のため両手を取った。
水仕事をしていた私の手がとても冷たくて、いつもなら末端まで血流が回らなくてとても冷たい指先をされているその方の手が温かく感じられた。

「さあ、立ちましょう」と声をかけて差し出したわたしの手に触れたとたん、
「まあ、冷たい」
と、その両手を握ってご自分の両頬にあててくださった。
そんな優しい方だった。
そして、そんな優しさが溢れる職場だった。

先月末、公休日の午前中に職場から電話。
なんとなく予感はあったのだが、
やはり、そのおばあさまが亡くなったという知らせだった。
とるものもとりあえず職場に向った。
わたしの両手を温めてくださった日から
まだ1ヶ月も過ぎていないのに。


異動の話はいままでにも何度かいただいていた。
その度に、
「まだ心残りがあります」
と躊躇していた。
心のどこかに、開所から4年間生活を共にしてきた方々のどなたかを見送ったら、
という思いもあった。
このおばあさまを見送ることになろうとは、去年の秋頃には想像もしていなかったけれど。


あの温かい手が
「先に進みなさい」
と、背中を押してくださったような気がする。
それはまったく自分に都合のよい思いなのではあるが。
それでもいいではないか。
あの優しさと温かさがわたしの心から消えることはないだろうから。
[PR]
by shingetsu-ay | 2009-04-08 02:00 | 介護・福祉

異動

決まったら早いもので、たぶん来週いっぱいで職場が異動になります。
本部道場のすぐ近くに3年くらい前に開設した小規模多機能施設の管理者だそうです。
来月は、自分も知らない間に認知症実践者研修と管理者研修が目一杯詰め込まれていました。
開所から4年間勤めた職場を離れる感慨に耽るヒマもないですね。

まあ、本部道場に近くなることがとても楽しみではあります。
[PR]
by shingetsu-ay | 2009-04-06 14:48 | 介護・福祉

そういえば・・合格通知

介護福祉士の試験の合格通知が届いてました。
[PR]
by shingetsu-ay | 2009-04-06 11:40 | 介護・福祉

というわけで、試験終了!

実は、実技というのはグループホーム勤務のわたしにとっては苦手分野なのです。
というのも、基本的にグループホームというのは、身体的には自立している認知症の方のためのもの。
なので、日常的にはどちらかというと認知症やそれに伴う精神的な面のケアのほうが中心で、身体介護が占める割合というのは少ないのです。

とはいえ、開所から4年近くが経ち、入所のお年寄りたちもそれぞれに介護度が上がり、身体介護の度合いも増えました。歩行や移乗介助が必要な方もいらっしゃいますし、ちょっと長い歩行は車椅子の方もおられます。
しかし、試験に出るようなはっきりした片まひとか、視覚障害とかに対する介護ということには慣れていないのです。
というより、はっきり言ってヘルパー2級の講座で習った他には実際にやったことない!
なので、本日の出題にもあった「脱健着患」の大原則とか、まったく身についてない。
頭では知っていても、身についていない技術というのは、いざ試験のような緊張する場面ではなかなか自然にはできないもので・・・(汗

今日の試験は途中で右と左が分からなくなってしまって頭が白くなりかけました(笑


終わってしまったこと、もう考えるのはやめましょう。
夕方相方と待ち合わせて、大勝軒のあつワンタン食べてカラオケで2時間のストレス解消~♪
(でもわたしは基本的にはカラオケは苦手です。)
[PR]
by shingetsu-ay | 2009-03-01 22:40 | 介護・福祉

友人の来訪

先日、稽古の友人が職場のホームに遊びに来てくださいました。
昨年9月の音楽会のときも深く思いましたが、こうしてご自分の時間とエネルギーを割いてわざわざ出向いてくださる方々の存在はほんとうにありがたいのです。

わたしの職場はグループホーム、認知症専門施設です。
高齢者介護の場が初めての人にとってはちょっとしたワンダーランドかもしれませんね。
わたしも最初は面食らい、鬱気味になりもしました。
今は慣れたし、きついときには適当に流す(言葉は悪いですが)技術も覚えました。

シドニーにいたころ、学生ビザで居座るために通っていた学校は現地の保育専門学校でした。
で、だいぶ前に友人に、同じお世話をするならなぜ子供ではなくて高齢者介護の仕事を選んだのか?と疑問を向けられたことがありました。
わたし自身は実は子供はあまり得意ではなく、その苦手意識を払拭したい気持ちもあってその当時は保育学校を選んだのですが、結局払拭はできず(笑

そうですね・・これから発達していく子供の心理よりも、80年90年の日本史を生き抜いてきたお年寄りの成熟した精神と、生命の終結に向う心理に向き合うことのほうが自分には向いていると感じます。

介護・福祉の仕事としては、高齢者だけでなく、身体障害者、精神障害者など様々な分野があります。
でもまあ、高齢社会の現代、いちばん入り易いのが高齢者介護、でなんとなく始めてしまったという感もありますが。

こうしていらしてくださった方々が懲りずにまた来てもいいな、と思えるようなホームでありたいなと思います。
[PR]
by shingetsu-ay | 2009-02-25 23:06 | 介護・福祉

合格通知が届いてました

明日の試験は2教科だけど、合わせて10単位=55,000円。
内容どうののお話ではなく、切実に絶対になにがなんでも落としたくない金額。

さっき出かけにポストをみたら、先日の介護福祉士国家資格試験の合格通知が届いていました。
採点結果などはなく、ただ、合格したので実技試験を受けろ、というお知らせ。
自己採点は97点(120点満点)で、その年の平均点や難易度によって合格ラインは変わるものの一応の目安は6割=72点と言われていたので、実はもう過去のイベント化して頭から消えかかっていたもの・・・
次から次へといろいろなことに対処しなければならない今日この頃なもので、小容量のわたしの頭中からは、終わったことはところてん方式に押し出されてしまうみたいです。

通知はそのまま実技試験の受験票になっていて、3月中旬かと思いこんでいた試験日は1日でした。

はぁ・・・
明日で一息つけるかと思いきや、重圧下の日々があと2週間延長です。
早速明日にでも過去問題集買いにいこうと思います。
[PR]
by shingetsu-ay | 2009-02-14 23:58 | 介護・福祉

試験<第21回介護福祉士国家試験 終わりました! 

知恵熱出てます。
こんなに机に向ったの久しぶりで、メガネ長時間かけていたので肩凝りがひどい・・

午前中の問題は難しかったですねぇ。
過去問やったくらいでは歯が立ちませんね、知らないことばかりでした。
去年、一昨年よりも内容も出題方法も難しくなっていた気がします。

総合得点だけでなく、13教科の全範囲で正解を出さないと合格になりません。
過去問してるときからそこがネックで、
苦手の障害者福祉、4問しか出題がなく、4問とも正解分からずヤマカン。
最後まで迷ってしまった。

正解速報をネットで見て、自己採点。
迷って迷って、最後の最後に変えた問題が当たってた!
4問中1問当たりましたよ!
ほんとうに、当たるもハッケ、当たらぬも・・・

総合得点は問題なさそうなレベルです。

というわけで、チャレンジは終わりました。

いや、終わってないか。
筆記が合格していれば、次は実技試験。
また過去問題集買ってこないと・・。


それより次は、31日までに大学のほうの残った科目の課題、全部終えないといけない。
でないと2月の今期最終試験を受けられません!
残った科目って、終わった科目より多いんですが・・・(汗

まだまだプレッシャーは続く。
でももうなんだか、プレッシャーって感じなくなってるような気もします。
たぶん明日もいい日になるわよ。
ポジティブにね!
[PR]
by shingetsu-ay | 2009-01-25 20:26 | 介護・福祉

現実逃避気味・・でも試験直前だ

あれやこれや、ネコにかまけケーキを焼き、友人とおしゃべりし・・・

でも、現実は容赦なしに、間違いなく試験は迫っている。
正確には「直前」の域に達している。

25日の資格試験、2月8日、15日の通信の大学の最終試験。
ともかく、大学のほうは重要にして単位数の多い巨大科目を残してしまい
これを落とすと多大なる経済的打撃となるので
(5500円 x 8単位だよ)
落とせない(汗

資格試験のほうは、ほとんど勉強してない。
(布団の中でテキスト読むのがメインの勉強法だが、この方法の欠点は読みはじめてわりとすぐに寝ていることが多いことだと思う)
今日はじめて過去問題集を紐解いてみた。
・・来年に向けてのお試し受験となること間違いなしだ(泣

まあいいや。
でもこれから来月の15日までは、ちょっと気合入れなおそう。

(って、グチだけど、そのために昨日今日と連休もらったのに、昨日も会議で臨時出勤だよっ)
[PR]
by shingetsu-ay | 2009-01-15 16:23 | 介護・福祉
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧