WELCOME !!


WELCOME!!
by shingetsu-ay
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:介護・福祉( 44 )

5連休中なのだ

ところで、なにかこう、ノラネコのところに行ってみたり、突如として本部に行ったり・・
普段と違う行動しているのは、水曜からなんと5連休中だから!なのだ。

土曜と日曜が試験です(泣
なので、基本的には勉強している。
けど、それだけでは煮詰まってしまうし、じゃあ普段いけない稽古にでも・・と。
まあ、今日先輩にしっかり指摘されたけど。
「試験となると稽古来るね」と(汗

そういう現実逃避気味ではあるけど、
本部に行きたいという気持ちはいつもあるんだけど、
普段普通に仕事しているときは
休みの日も疲れきっていて、本部まで気持ちが辿り着かない。
4週8休って、連休なんてほどんどないし、年間休日にしたら一般よりはすごく少ないし、
休むことに集中しないと、仕事がきちんとできなくなるんだもの。


さて、
明日と明後日は新陰の臨時稽古がある。
試験勉強と受験の経過を見て、参加できそうだったらします。

ということで・・
勉強します。
今晩は「死とこころの科学」の復習。

それと、1月にある介護福祉士の国家試験の準備もしないと・・
(受けるかどうか、まだ決めていないけど)
[PR]
by shingetsu-ay | 2008-11-29 00:20 | 介護・福祉

認知症介護のプロフェッショナル

NHKの番組 「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、九州のグループホームのホーム長をされており、認知症介護の第一人者といわれる大谷るみ子さんという方が出演されていた。
タイトルは、
「介護は、ファンタジー ~認知症介護・大谷るみ子~」
(24日の深夜に再放送あり)

『心と向き合うのが、仕事』
この言葉が繰り返されていた。

介護職にとって基本であり当たり前の姿勢なのだが、日々に忙殺され、ストレスに蝕まれ、そんな基本の言葉がことさら心に響いた。

50歳の女性であるこの方のスケジュール帳はA4サイズ、1ヶ月見開きのページは予定がびっしりで真っ黒だった。
「このノートがないと全部忘れます」
とおっしゃっていた。

先日うちのホームにボランティアにきてくださったSさんはたしか還暦と伺った。
この女性も仕事、芸事、ボランティアなど、分刻みで行動されている。

こういう年上の先輩女性たちを知り、接して、自ずから生きたい方向が見えてくる。

そして、5年先、10年先、20年先の充実した生き方のためにも、現在が大切。
[PR]
by shingetsu-ay | 2008-11-21 23:35 | 介護・福祉

企画書

やっと企画書を書いた。

企画名 : 音楽会
日時 : 9月20日(土) 13:00~14:45
場所 : Bユニット リビング

目的 音楽療法の技術を取り入れた、参加体験型音楽会の実施。
    日常では馴染みの薄い和太鼓に触れたり、簡単な打楽器を使って
    音楽を楽しむ。

演目
第一部13:00~13:40
 和太鼓を使った音楽と踊り・歌遊びなど (予定)
  任羽  オカメヒョットコ掛け合い
  ソーラン節
  阿波踊り
  その他


第二部14:00~14:40
 コーラスと合唱
  恋のバカンス(コーラス鑑賞)
  大きな古時計(打楽器と歌)
  里の秋(合唱)
  朧月夜(合唱)
  カエルの合唱(輪唱)
  川の流れのように(鑑賞)
  荒城の月(アカペラ・合唱)

第一部は友人とその太鼓の先輩(師匠?)による演芸。これが、最初の予定以上に本格的な内容に発展しているようで、友人はかなり苦労しているらしい。
ソーラン節は、南中ソーランというやつで、わたしは今回はじめて知ったのだが、You Tubeで検索するとたくさんでてくる有名なものらしい。この映像を見てもカッコいい。これを踊ってくださるそうだ。

第二部は職場の臨時職員のYさんとそのコーラス仲間1名、の予定が、最終的には5名の合唱隊となった。Yさんはうちのホームのほかにもいろいろな福祉活動をされている、わたしにとって尊敬できる福祉の先輩。類は友を呼ぶ、というのか、お仲間方もこうい活動を楽しんでおられる類の人々のよう。
さらには、別の友人がギタレレで伴奏参加してくれることになり(半ばムリヤリw)。ギタレレとはギターとウクレレを合わせたような楽器だそうで、これも初めて見るので楽しみだ。

ボランティアって今まで少し重たく考えすぎてた気がするが、今回みたいな演芸ボランティアとは、趣味の芸を披露し、それを楽しんでくれる人がいる、という、お互いが楽しむ、人と人の交流の場なわけだ。

自分で企画する初イベント。
お年寄りたちがどんな反応をされるか、楽しんでもらえるのか不安だが、こういうことはまずやってみて、何度か繰り返しながらコツを掴んでいくもの、とYさんもおっしゃっていた。
まずは、実行すること。

3年たってやっとその第一歩を踏み出すところまで来られた。
[PR]
by shingetsu-ay | 2008-09-17 01:43 | 介護・福祉

グチ

仕事、難しくて、音を上げそう・・

人が壊れていく過程を見るのは、きつい。

ユニットをまとめて、一体として稼動させるのは、シフトがすれ違うと何日も顔あわせないような状況では、とても困難。

若くて経験の少ないスタッフが、年寄りと対決するのは、それはたいへんなことでしょう。

デイ・サービスではない、グループホームだから・・
ときにはケンカもしなくてはならないし、拒絶されても踏み込まなければならない局面もある。
かといって、高圧的になること(これ、得意技なんだけどw)は厳禁・・

あー、きつい。
[PR]
by shingetsu-ay | 2008-05-15 20:52 | 介護・福祉

2008年度の学習始まる

先週テキストが届き、3日ほど前にその包みを開けて枕元に積んで、今のところ眺めて満足している(笑

自由選択科目は「人的資源管理」や「死とこころの科学(死生学入門」」)など、私的興味先行で選んだので、テキストを読み物として楽しむことができたらよいと思う。ともかく今年度は、前年のように後半にあせりまくるようなことにならによう、初めから計画立ててゆっくりと内容を消化できるような学習にしたい。

わたしの学部は最終学年時にかなり長い期間の実習があるのだが、それ以外は選択によってすべて自宅学習で修了することができる。もちろん、スクーリングも豊富に設定されていて、そちらに出向いて生の講義を受けてもよい。

通信の大学といえばまずは放送大学が思い浮かぶが、完全ネット講義だけで卒業できる、その名もサイバー大学なるものを見つけた。そういう時代、当然の流れなんだろうな。
学長は吉村作治氏。学部は2つだけだが、世界遺産学部の科目一覧を見るとマヤ文明とか古代エジプト史とかイスラーム文化とか、エコツーリズムとかはじめての発掘・・とか。なんか面白そうだ。
[PR]
by shingetsu-ay | 2008-04-19 12:54 | 介護・福祉

ケアカンファの書類やっとでき・・

桜満開だけど、町内会の桜祭りは4月5日。毎年遅すぎるのね。葉桜祭りって呼んでるけど。

明日のケアカンファの書類、やっとできた。
テレビでタイタニック前編なんてやっててなんとなくつけたままながら作業になってしまったため、けっこういい加減になってしまった。どう見直しても100%の納得はできない完成度だけど・・もういいや。これ以上自分の時間を費やすのはヤメヤメ。

無事に2年次の履修登録を終えた。
1年次は結局22単位修得したので、今回は24単位にしておいた。今度こそ全科目試験受けられるようにペース配分しましょ。

で、2年次選択科目は・・

・介護福祉論(テキスト科目)
・社会福祉援助技術論(テキスト科目)
 (この2科目は社会福祉士受験必須科目)

・メンタルヘルスとライフサイクル(テキスト科目)
・死とこころの科学 -死生学入門-(テキスト科目)
・リハビリテーション医学(オンデマンド科目)
・インターネット演習Ⅱ(オンデマンド科目)
・人的資源管理(テキスト・オンデマンド併用科目)

下の2科目が介護からちょっと離れて勉強できそう。
ちなみにオンデマンドっていうのは、ネット講義やCD ROMを使い、映像つきで学習するもの。

しかし、このペースでいくと卒業までに6年くらいかかりそう。
先は長い。気楽に行こう。
[PR]
by shingetsu-ay | 2008-03-28 23:33 | 介護・福祉

日帰り旅行

ホーム始まって以来の念願だった旅行が3年経ってやっと実現しました!
旅行といっても日帰りバスの旅ですが。
行く先は奥多摩松之温泉でお食事と温泉。途中青梅に立ち寄り梅見。

お年寄り、ご家族、職員あわせて総勢約40名。大型バス1台にガイドさん付き。思ったんですが、ガイドさんって本当に'プロ'ですね。この日いらしたのはたぶん60代かそれ以上?・・という女性だったと思うんですが(もっと若かったらごめんなさい)、その仕事ぶりや身のこなし、表情など、この方から学ぶことあり!でした。

そして目的地、御岳の先の川井というところの水香園という旅館で昼食と温泉。皇族もいらしたことがあるという、多摩川渓流沿いの庭園に点在する和風の離れ風旅館。とても素敵なところでした。昼食懐石も素晴らしかった。できれば次回は個人的にゆっくりと行きたい場所です。

旅行全般に関しては、あまりにたいへんなことだらけで、わざわざ書く気にもなりませんw 身も心も疲れ果てたw

でも、なんとか無事故で、ほぼ予定通り行って帰ってこられてよかった。反省点はたくさんあるけれど、達成感が残ります。
[PR]
by shingetsu-ay | 2008-03-16 11:45 | 介護・福祉

若者は宝です

さて、うちの会社(NPO)では、若者就職支援という活動も行っています。
ニートくんと呼ばれているような若者たち(30代くらいまで)に働きかけ、講習と現場を知ってもらう研修コースを設け、働くきっかけを見出してもらおう、というような福祉活動の一環。ニート、というか、一般的な働き方についていけない、引きこもりがち、というような若者も多いかな。

少し前から、この研修出身の男性がうちのホームのわたしが属するユニットで働き始めました。初めからフルタイムは体力、気力的にもたいへんそうなので、まずは週4日で夜勤はなし。すごく頑張ってくれていて、いい味出してます。

同時期に転属になった20代の女性は、こちらは普通に就職された経験者ですが、素晴らしい働きぶり。わたしのほうが学ぶことがたくさんです。

恐ろしいことに今までずっと自分がいちばん若いwくらいだったのが、こういう若者達が入ってきてくれると、ホームが生き生きしてくる、元気がでてきていいですねぇ。若さは宝ですw

と同時に、今まで介護のことだけしていれば日々が過ぎていったけれど、それだけでは済まされなくなってきた・・若者達が働きやすい、可能性を存分に試すことができる、日々楽しんで仕事ができるようなユニット作りをしないと。ボケっとしてられない、ちゃんとしないとw
[PR]
by shingetsu-ay | 2008-03-12 10:57 | 介護・福祉

エゴグラムによるとわたしは・・

他人を介護するにはまず自分を知ることから・・
ということで、先日のミーティング時に研修の一環としてエゴグラムをしてみることに。エゴグラムについてはネットでいろいろなパターンのものが紹介されているので見てみてください。

さて、これによるとわたしという「人」は・・

パターン : 右下がり型 
良心的で責任感も強くしっかりしています。しかし、支配的でワンマンな面もあります。

〔詳細〕
CP(父性・理想・責任感)は得点いちばん高く14点(20点満点中)
得点が高い場合の
プラス面--責任感が強い、秩序を守る、義理堅い、個人の権利を守る、信念を貫く、ノーと言える
マイナス面--権威的・支配的、排他的、頑固、自分の価値観を押し付ける

NP(母性、思いやり、奉仕、甘やかし) は低くて7点
得点が低い場合の 
プラス面--人間関係が淡白、サッパリしている、マイペース
マイナス面--温かみがない、人に共感しない、思いやりに欠ける、人付き合いが乏しい

A(大人、現実的、冷静)とFC(子供、自由、わがまま)は10点ずつで中間、バランスがとれている

AC(順応した子供、協調性、依存心、よい子)はいちばん低くて、というかなんにもなくて0点w
得点が低い場合の
プラス面--マイペースを守る、自主性に富む、積極的、
マイナス面--協調性に欠ける、人の意見を聞かない、自分勝手、妥協しない

「支配的」とか「ワンマン」とか、「温かみがない」とか「自分勝手」とか「妥協しない」とかw
自分に関してはだいたい「こんなもんだね」と思ったし、他のスタッフの人たちのパターンを見ても「ふーん、当たってるな」という感じでした。こんなことで「人」をパターン分けできるとも思わないけど。

それにしても、たしかに常々自分は冷たいと知ってはいたけど、母性が低い特性の「温かみがなく」て「人に共感しなく」て「思いやりに欠け」て「人付き合が乏しい」とかって介護職としては致命的なのではないだろうか・・と職務適正を疑った研修でしたw
[PR]
by shingetsu-ay | 2008-03-08 11:11 | 介護・福祉

仕事のこと

今日は早番さんだったので5時半起床。

定時を1時間ほど過ぎて帰宅の途のつき、家に着いたのが夕方6時ごろ。
ちょっと休憩して新陰の稽古へ。

9時半に稽古を終え、サティに寄ってから帰って晩ごはん。

11時半くらいから、どうしても終わらせなくてはならなかったケアプランを1件作り、ついさっきメールで職場に送信。

眠いやら肩こりやらで頭痛がするし、疲れたなぁ・・


来週から所属ユニットのユニットリーダーをせよ、との指令。
暫定的に受けさせてはいただいたけど・・

だって・・今はフルタイムで通ってますけど、4月からはまた新学年が始まって、すると学業との両立のため週4日勤務にしてもらうってことで交渉中ではありませんでしたか・・。リーダーが勤務日数少ないってヘンでしょう、やっぱり・・。

だれもかれも自分のことがあるのは同じだとは思うんだけど、ともかく今のわたしは公私共に忙しくて、隣ユニットのリーダーさんとかケアまねさんとか、もちろん施設長とかホーム長みたいに自分の時間をたくさん費やしてまで勤務にコミットできないジレンマとかプレッシャーとか、感じるのがキツイ。

仕事自体はやりがいを感じる率がどんどん増してきているので、自分でバランスを保つことがポイントかな・・。


明日はまた新陰の臨時稽古・・こんな調子でなかなか合気道に手が届かないことがだいぶストレスになってきているような・・。
発散しなくちゃね~
[PR]
by shingetsu-ay | 2008-02-23 01:19 | 介護・福祉
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧